30代 女性の喪服30代になってお付き合いが増え、喪服を着る機会も増えてきたという方も多いでしょう。 弔事は急に訪れるものなので、急ぎで喪服が必要だという場合も。

弔事の時はバタバタするものです。
ゆっくりと喪服を買いに行く暇がないという方も、WEBならその場で選べますし、翌日に届くところが助かります。

このサイトでは、そんな30代女性に人気の『大人かわいい』喪服の通販を厳選してお届けします。

売れてる喪服通販 ベスト3

  1. ブランノワール

    ブランノワール

    試着サービス無料!翌日お届けも可能なので大助かり

    喪服といえば「黒」の色でかなりクオリティーの違いがわかります。
    ブランノワールが扱っている喪服は、無名のものではなく、ブランド喪服なので高クオリティーの喪服です。
    「黒」にこだわっているというブラックフォーマルが充実。
    試着サービスもあり、15時までの注文で翌日に届いてしまう速さなので、急に必要になった時にも助かります。
    バッグやアクセサリーなどの小物類も充実。

  2. メアリーココ

    メアリーココ

    小物まで全てが揃うお店

    喪服の価格は1万円台からとリーズナブル。
    バッグやふくさなどの小物類が全て揃ったオールインワンセットもあり、低価格で全部揃えられます。
    お急ぎ便、シワ無しのハンガー便、サイズ補正サービスなどのサービスも充実しています。
    土・日・祝日も休まず発送してくれるのはこのお店だけです。
    小柄サイズから大きいサイズまで取り揃えているのもすごい。

  3. ニナーズ

    ニナーズ

    2万円以下からブランド喪服までの品揃え

    ニナーズではドラマや映画に衣装提供している喪服ショップです。といってもそれだけではなく、リーズナブルな2万円以下の喪服からブランド喪服まで多種多様の品揃えの多さではナンバーワンといえるでしょう。
    サイズ展開も5号~23号までと幅広く、色々な形のニーズを満たしてくれるショップです。
    年中無休で夕方までの注文は即日発送。しわにならないようにとハンガー便で届けてくれるのですぐに着ることができます。

30代女性の喪服はブランノワールが人気な理由

30代といえば大人の女性です。ただ安物の喪服はやっぱり安っぽく見えてしまいます。

特に喪服はみんな同じ「黒」を着ているので、同じ黒を並べてみるとその違いがわかってしまうんですね。

そういった意味でも、ブランノワールではブランド喪服しか取り扱っていないので品質は確かです。

ブランドといっても手が出せないような価格のハイブランドではなく、少しお高めの喪服、といったところですが、喪服こそは長く着れるものを選んだほうが良いので、ある程度の品質をクリアしたものだけが揃っているというのは選ぶのも楽です。

大人だからこそ似合う上質な喪服が始めからラインナップされているので、そこから気に入ったものを選べば良いからです。

ブランノワールのポイントをチェック!

  • 上質なブランド喪服が揃っている
  • 試着は2着まで無料
  • 当日15時までの注文で即日発送
  • パールアクセサリーやご念珠などの小物も充実
  • 型落ちのセール品もあり

ただ品が良いだけでなく「大人かわいい」喪服が揃っているのがブランノワールです。良かったらチェックしてみてくださいね。

喪服を選ぶときに

喪服というのは、社会人になったら必ず必要な物です。 同僚や上司の方、本人や身内などの不幸もいつ来るか分かりません。 その時喪服がないと恰好悪いです。

あまり出たくはないですが、お通夜やお葬式に出る機会もかなり多くなります。 不幸がおきてから買うのでは遅いですし、気に入ったものも買えません。 長く着れる様にデザインなどもゆっくりと選びたいですよね。

そもそも喪服の基準って何でしょう。艶無しの黒色で、地味なデザインと言うイメージが強いのですが、最近の喪服は何処と無くお洒落ですね。

もともと喪服は喪に服される身内の方々が着用することだと言われる方も居ますが、葬儀に行くときに普通のスーツと言うのも世間体が悪いですね。しかも勇気が必要です。

喪服の良いところは、普段だらしなく感じる人も、喪服を着用すると別人のように決まる事でしょうか。 リクルートスーツも喪服の色違いに見えてしまいます。

また、通勤用のスーツよりも喪服の方が几帳面そうに見えたりして、喪服って不思議な衣装に思います。 また季節もありますが、黒いストッキングやタイツも準備しておく事をお勧めします。 喪服って、選ぼうと思っても、一見あまり違いがないように見えませんか。 でも、着てみると、意外と着心地が違うものです。

喪服を着る状況ということは、お通夜やお葬式に行くということ。 そうすると、思った以上に座ってる時間が長かったり、立って歩いている姿や後ろ姿を人に見られる機会も多いものです。

特に、近しい間柄や身内の場合、椅子だけじゃなく、座敷で立ったり座ったりすることも多いし、2日間続けて着ないといけないことも。 なので、まず立ったり座ったりしやすいかどうか、しわになりにくいかどうかが重要です。

サイズが同じでも、生地やデザインによって、座ってみると予想以上に丈が短くなってしまったり、礼をしたときに不細工だったりすることもあります。 ということで、喪服を購入するときは、デザインだけで決めずに、必ず試着して、立ったり座ったりしてみることをお勧めします。

そのためにも試着サービスがある喪服だと色々試せていいですよね。

目的で選ぶ女性用喪服