喪服はいくらのものを買うべき?
喪服は、安いものから高いものまで本当にピンキリにあります。

2万円ぐらいまでの安いものは以下のようなデメリットがあります。

  • 黒の色に深みがなく薄い(他の人と並ぶと差がわかる)
  • 糸がほつれやすい
  • シワがすぐにできて取れにくい
  • 夏物はムレる

という風に、安いものは比較的長い年数は着られないと考えておいたほうが無難です。

結局、良いものを買ったほうが長く着られるということですよね。これは喪服に限らず、どのお洋服でもそうだと思いますが。

一般的に、5万円前後のものを選んでおけばクオリティの高いものを買うことができるでしょう。

百貨店などでは7~8万円という価格も珍しくないですが、売り場や店員さんのコストがかかっている分、高めになってしまうのは仕方ないといえます。

あまりコストがかからないネット通販では百貨店やデパートと同じものが安く変えるので、通販を賢く利用して買う方が増えているようです。

試着サービスのあるところだったら安心です。
(おすすめ通販ショップ → こちら

そう考えると、安いものを買うよりも良いものを買うほうが結果的にトータル金額は安くなることも。

喪服はそうそう買い換えるものでもありませんし、クリーニングに都度出したりお手入れをちゃんとしていれば一生ものになることもあります。

これらの点を踏まえた上で、長く着られるものを選ばれるのが良いでしょう。