香典の金額香典の金額は、故人や遺族との関係、包む側の年齢・社会的地位、地方の慣習などによっても違ってきますので一概にいくらという決まりはありません。
一般的に、故人が近親者の場合は、血縁に近いほど多く包みます。

迷ったときは若干多めに包むと後悔しないかもしれませんが、あまり多すぎても先方を困らせてしまいますので、相応の金額にすることが大切です。

香典の金額目安

送る側の年代→
↓送り先
20代 30代 40代 50代 60代
以降
祖父母 1万円 1万円 1万円 3万円
5万円 5万円 10万円 10万円 10万円
兄弟姉妹 3万円 3万円 5万円 5万円 5万円
叔父、叔母 1万円 1万円 1万円 3万円 3万円
上記以外の親戚 1万円 1万円 1万円 1万円 2万円
職場関係 5千円 5千円 5千円 5千円 1万円
勤務先社員の家族 3千円 5千円 5千円 5千円 5千円
取引先 5千円 5千円 5千円 1万円 5千円
友人、その家族 5千円 5千円 5千円 5千円 5千円
隣人、近所 5千円 5千円 5千円 5千円 5千円
その他 5千円 5千円 1万円 5千円 5千円

香典の表書きに関すること

香典は通夜か葬儀、告別式に、ふくさに包んで持参するのがマナー。
不祝儀袋の表書きは宗教によって異なる。
香典 結び切り

・ほとんどの葬儀(浄土真宗以外)→「御霊前」
・浄土真宗           →「御佛前」
・神式             →「御玉串料」「御榊料」
・キリスト教          →「お花料」
・宗教がわからない時      →「御香典」
水引は「結び切り」を使う。