■お通夜
一般的に、通夜は地味な平服で伺うとされていますが、最近では葬儀や告別式に出席できない場合は喪服を着ていくことも多いようです。

地味な平服とは、黒だけでなく紺やグレーなどのシンプルな服を指します。
襟元は詰まったもので長袖が好ましく、靴も地味な色で。
アクセサリーなどははずします。
ただ女性が着てはいけないのは「白のシャツ」。
お手伝いをする場合でも白のシャツは避けましょう。

そのため、喪服がないからといって買いに走ったり、参列を差し控えるのは間違いです。
喪服にする必要はないのです。

ただ、親族は喪服にしましょう。
一般弔問客も喪服を着ている人が多くなってきたので、喪服を着ていることが望ましいといえます。

■お葬式、告別式

お通夜と違ってこちらは当然喪服です。
喪服の詳細についてはこちらのページ(正式喪服と略式喪服)を参照してください。

喪服を着るときは、靴やバッグ、ストッキングも黒で揃えます。
仏教では殺生を嫌うため、革製のものは極力避けて布製のものを用います。

喪服の生地は光沢のない無地のもの。
できるだけ肌の露出がないものを選びます。
夏場でも半袖は好ましくありません。

黒で装っていても、肌がすけてみえるようなレースが使われていたり、金色のバックルが使われているものでは悲しみの場にふさわしい服装とはいえません。
売られている喪服をアレンジせずそのまま着用すれば問題はないでしょう。