正式喪服と略式喪服>喪服としてのブラックフォーマルは3種類の格に分かれています。
どのようにして分かれているかというと・・

  • 式典の種類
  • 参列する立場
  • 故人との関係

この3場面によって違います。
その違いについて説明していきます。

正喪服

着る場面:公式な葬儀、一周忌までの法要など
故人との関係:喪主、親族など故人に近く改まった立場にある人

女性の親族は着物が一般的です。洋装の場合は装飾がないアンサンブル。
スカートの丈はひざの下からくるぶしまでの間。ひじが見えない袖丈が原則です。
襟もつまったものが原則。
アクセサリーは「不幸が重なる」とされる二連、三連のものはダメです。できれば黒真珠や黒ネックレスがベスト。

準喪服

着る場面:一般的な告別式、通夜、一周忌までの法要など
故人との関係:喪主や親族意外の関係

ほとんどの場面で着る装いです。正喪服と比べてデザインの変化もOKです。
共布のフリルなど華やかにならない程度の装飾は大丈夫です。
袖丈は五分~長袖、スカートはひざ下~ミディ丈まで。
ストッキングは黒が一般的ですが、通夜や法事の席であれば肌色でも良いです。

略喪服

着る場面:急な通夜や弔問、三回忌以降の法事、時間を置いて故人宅を訪れる時
故人との関係:故人の知人

黒だけでなく、紺、グレーなど暗い色のシンプルな服も許されます。派手なもの、肌の露出が多いものはNG。
靴は黒ですが、スニーカーなどカジュアルなものではんければヒールでなくてはダメということはありません。
ストッキングは黒or肌色。

喪主・親族か、一般会葬者かで変わる

喪主や親族と、一般の会葬者で装いは変わるといってもよいでしょう。
女性の場合、喪主や親しい親族の場合は紋付の着物が一番格上です。
着る場面と故人との関係によって違いを表にしましたので参考にしてください。

場面 喪主(親族) 一般
通夜 準喪服 略喪服
葬儀・告別式 正喪服 準喪服
初七日 正喪服 準喪服
四十九日 正喪服 準喪服
一周忌 正喪服 準喪服
法事 準喪服 略喪服
準も服、正喪服をお探しのあなたに 喪服レディース ランキング