喪主、遺族など親族の場合は「正喪服」ですが女性の場合は和装(着物)を着用するのが、立場をわきまえた装いといえます。

血縁が濃い場合は通夜から着用します。
和装する場合は、既婚・未婚にかかわらず下記の装いです。

  • 黒無地
  • 染め抜きの五つ紋付の着物
  • 黒い帯
  • 生地は羽二重か一越ちりめん
  • 帯は名古屋帯
  • 長襦袢、半衿、足袋は白で合わせる
  • ぞうりは布製またはツヤのない黒

着付けは、いつもより衿元を詰め、帯のお太鼓の山を小さく、低めにします。
帯締めの房は、下向きにはさみます。
着付け方次第で随分と印象は変わってしまうので、普段、着物に着慣れている人ほど注意が必要です。

髪は小さめにまとめ、お化粧も控えめに。
ロングの人はアップ、セミロングの人は耳にかけて、目立たないピンで留めるなどして顔にかからないようにします。ショートヘアの場合はそのままで問題ありません。

着慣れない和装、急な訃報の時は用意する時間もないかもしれません。
もし着物を持たれていない場合は、注文した翌々日に紋付着物が届くネット通販がありますので活用されてみてはいかがでしょうか。